Google I/O 2016 ok google 彼女の名前は?

Google-I/O-2016-人工知能のサジェスト。-00

Google I/O 2016 が2016年5月19日に開催されました。Google I/Oといえば、Gooogleのみならず、この一年のテクノロジーの方向性を示す、言わずと知れたビッグイベントです。

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-02

日本時間2時過ぎスタートしました。オリエンタルな音楽とともに、未来の糸をたぐり寄せるようなセレモニーで開幕です。早速、見ていきます。

Google Assistant

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-03

Googleは、持ち株会社「アルファベット」移行しました。事業会社GoogleのCEOに就任したピチャイさんです。I/Oではお馴染みです。

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-04

  • Conversational
  • Get things done
  • In your world

どうやら人工知能により、会話をするというのが大きなテーマのようです。Google先生が、Googleアシスタンスによって、おせっかいにならなきゃいいですが。

Google Home

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-05

マリオさんです。手に持っているのが、Googleホームです。これだけだと、一見、トイレの消臭剤ですが、実はスゴイ白モノです。

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-06

話しかけると、音楽が鳴ったり、電気が付いたり、スケジュールを教えてくれたりします。スマートホームですね。もちろん日本未発売です。

Allo、Duo

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-07

さて、Alloというチャットアプリが発表されました。また、Duoというビデオアプリも発表されました。

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-08

いきなり、ひときわ綺麗な方が登場です。ok google 彼女の名前は?

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-09

レベッカさんです。ハンバーガーがお好きなのでしょうか。食べ過ぎに注意ということで、高度なサジェスト機能があります。チャットアプリは、英語圏だと、WhatsApp、日本だとLINE、中華圏だとWeChatやテンセントQQ、あとはSkypeといったところでしょうか。実は、ハングアウトはほとんど使っていません。自分が良いと思っても、相手があってこそ成立するので、一対一は難しいですよね。ただ、サジェスト機能あると、別の使い方もできそうな感じもします。

Android N

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-10

きましたAndroid Nです。”N”のネーミングはノーアイディアで未定のようです。やはり、ここは、”navona”に一票入れときます。

Android N の名前を募集します : 

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-11

3DグラフィックスのAPI、Vulkanがウリです。ベータ版は配信されていますので、試してみたいと思います。

Daydream

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-12

何気に期待をしていたのはGoogleカードボードの行方です。DaydreamというVRプラットフォームができました。

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-13

さすがに、いつまでもダンボールという訳にはいきません。コントローラくらいは付けてほしいですよね。やっと予算が付いた感じです。VRはゲームや映画だけでなく、おもちゃとしても面白いし、フライトやドライブシュミレーションなどにも応用が効きそうです。また、腕時計のAndroid wearは2.0になりました。

Android Studio2.2、Firebase

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-14

開発者向けのサービスです。webベースの開発環境として、Android Studio 2.2、そしてFirebaseは無料で使えます。このあたりが今年の大判振る舞いですね。

人工知能の未来

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-15

いきなり囲碁ですが、テクノロジーで世界を繋ぐのがGoogleのビジョンです。

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-16

再び、ピチャイさんが登壇され冒頭の話に戻ります。熱心に語りかけます。数年前のI/Oのラリーペイジ氏を彷彿させます。CEOとして貫禄がでてきました。

Google I/O 2016 人工知能のサジェスト。-17

お祭りムードではなかったですが、全体的にはうまくまとまったGoogle I/O 2016でした。