BASE 第2回 BASE STUDY Mag にいってきました。

BASE 第2回 BASE STUDY Mag にいってきました。-01

2016年3月24日開催の第2回 BASE STUDY Magにいってきました。

BASE 第2回 BASE STUDY Mag にいってきました。-02

場所は、東京渋谷です。ファミマがあるビルが目印です。ところで、BASEって何?ですが、無料でネットショップが作れるサービスです。現在、20万店が出店しています。(2016円3月現在)

【第2回開催】ネットショップへの集客・販売にお困りのかた、BASE Mag.を使った集客・販売のヒントをワークショップで解説! | BASE U

BASE 第2回 BASE STUDY Mag にいってきました。-03

社内のインテリアはシンプルながら、センスがあります。BASEショップのコンセプト、そのままといった印象です。

BASE Mag

BASE 第2回 BASE STUDY Mag にいってきました。-04

BASEはモール機能がないため、出店しても集客は自力、そのままではさっぱり売れません。ブログ記事を書いて自社サイトへ集客を、という思惑なのですが、記事もある程度の分量が必要ですし、質が伴わなければ話になりません。ブログを書いている実感としては、100記事書いて、1記事当たるか当たらないかです。

BASE Mag. | 素敵なアイテムのストーリーを集めたショッピングメディア

BASE 第2回 BASE STUDY Mag にいってきました。-05

そこで、BASE MagというBASE出店者の投稿記事を集めたサイトを作り、そこから各店に導線をという考え方です。

  • ショップブランドの強化
  • 膨大に良質コンテンツがあるので、SEOで有利
  • 関連商品、タグを使って新規顧客へのリーチ
  • BASEアプリへの記事掲載

BASE Mag自体は月間30万PVあるそうです。

成功事例

BASE 第2回 BASE STUDY Mag にいってきました。-06

Write Moreさん

BASE Magの人気記事のひとつ、魔法のボードです。筆記音を意識した知育玩具です。 視覚や触覚だけでなく、聴覚も使うと作業効率や集中力を高める効果があるそうです。高知県佐川町の木材が利用され、林業の地域活性化としても一役買っています。

心地よい筆記音を聴くともっと勉強したくなる魔法のボード、Write More | BASE Mag. 

その他にも、売り手や作り手の一次情報として、BASE Magで読むことができます。

金属アレルギーでも大丈夫! 格好良さと華奢さを兼ね備えた女性らしいgrun(グリュン)さんのアクセサリーショップがリニューアルオープン? | BASE Mag.

ウエディングドレスのような華やかさ。日本とフランスから素材をすぐったリュクスなワンピースドレス | BASE Mag.

掲載ポリシー

BASE 第2回 BASE STUDY Mag にいってきました。-07

  • ショップの紹介ではなく、商品の紹介であること。
  • なぜその商品を売っているのか。
  • その商品をどんなときに使って欲しいか。
  • その商品のどこにこだわりを持っているか。
  • 写真から商品の魅力が伝わってくる。

BASE Magには、2016年3月現在、記事数は1700記事あります。申請して審査のあと、掲載されます。申請は35,000件あるそうです。掲載率は4.86%です。

BASE 第2回 BASE STUDY Mag にいってきました。-09

ネットショップをやっていると、発送や在庫管理、商品登録で小忙しくて、なかなか記事作りまで手が回らないの現実です。ただ、PVが取れる良記事があると、そこが入口導線になります。

BASE 第2回 BASE STUDY Mag にいってきました。-08

ワークショップということで、お茶とお菓子をいただきました。ごちそう様でした。

記事作りに手間と時間を掛けたとしても、ECサイトの場合、1記事あたり限界的な収益は、手持ちの在庫になってしまいます。広告モデルのニュースサイトやブログサイトと異なり、そのあたりをどうトレードするかですが、「北欧暮らしの道具店」の事例もあるので、試してみるのは悪くはないのかなと思います。