ドコモ SH-02B marimekko(マリメッコ)をダイワンテレコムで買いました。

ドコモ 往年のブランド機 SH-02B Marimekko をダイワンテレコムで買いました。01

ガラケー使ってますか?最近はお値段もさることながら、スマートフォン登場以来、全盛期と比べて、バリエーションが少ないですよね。そこで、気になるのが、往年の名機です。

ドコモ 往年のブランド機 SH-02B Marimekko をダイワンテレコムで買いました。02

例のごとく、東京新宿のダイワンテレコムさんに、出物がありましたので、実機を確認に出向きました。ちょっと分かりにくい場所ですが、日曜ということもあり、知る人ぞ知る店として賑わっています。

ダイワンテレコム

ドコモ 往年のブランド機 SH-02B Marimekko をダイワンテレコムで買いました。04

ダイワンテレコムさんは、期間は21日、30日の補償があります。これがあるのとないのでは、中古品の購入に大きく影響します。不具合は一通り使ってみないと分からないので、動作確認の期間と捉えて良いでしょう。さすがに、ヤフオクやメルカリなどの個人間取引で、一ヶ月後に壊れてましたと言っても、今更感があるうえ、出品側の気持ちもよく分かるので、ノークレームノーリターンでオナシャスなのですが、この保証が個人間売買と異なります。

ドコモ 往年のブランド機 SH-02B Marimekko をダイワンテレコムで買いました。06

SH-02B Marimekko(マリメッコ)は、言わずと知れた北欧の人気ブランド、Marimekkoとドコモのコラボモデルです。発売は2010年で、店頭でも人気で品薄だったのを記憶しています。もともと弾数が少ないので、セカンドマーケットに出難いうえ、好きな人はコレクションしたいモデルでもあります。

ドコモ 往年のブランド機 SH-02B Marimekko をダイワンテレコムで買いました。03

ダイワンテレコムさんは5段階のコンディションのランク付けがされています。

S(未使用) A(美品) B(美品) C(良品) D(中古)

こちらはランクCと評価されていました。端にぶつけた傷と使用感がありますが、全体的に綺麗です。前のオーナーが几帳面な方だったとお見受けできます。小傷も少なく、おそらく、バックに入れる際もケース使っていた印象です。

ドコモ 往年のブランド機 SH-02B Marimekko をダイワンテレコムで買いました。05

ウニッコブルーです。”marimekko”のロゴがあしらってあります。

ドコモ 往年のブランド機 SH-02B Marimekko をダイワンテレコムで買いました。07

SIMカードは標準(Mini)サイズで、MicroSDです。水没反応もありません。

ドコモ 往年のブランド機 SH-02B Marimekko をダイワンテレコムで買いました。08

独特の壁紙です。今見るとレトロな感じもします。お値段、税込8424円です。出玉の少なさと、後述しますが、タイミングを考えると、買いに決めました。

ドコモ 往年のブランド機 SH-02B Marimekko をダイワンテレコムで買いました。09

近くのカフェで動作確認を終え、その足で行先はドコモショップです。